クレジットカードを使わないまま持ちすぎるとある日突然カードローンに通りにくくなる

年会費永年無料だからという理由でクレジットカードを使わないまま多数持ちすぎると、いざという時にカードローン審査に通りにくくなるリスクがあります。

では、一体なぜクレジットカードがローンに通りにくくなる原因となるのでしょうか。

クレジットカードは割賦販売法と貸金業法の影響を受ける

多重債務者と自己破産者数が多くなりすぎないようにするため、割賦販売法と貸金業法が改正されて以降、総量規制が導入されて貸金業法に基づく融資は年収の1/3以内に制限されることになりました。

クレジットカードには、分割払い・リボ払いが割賦販売法の影響を受けて、キャッシング枠が貸金業法の影響を受けます。

結果的にクレジットカードを多く持ちすぎると、借りていなくてもキャッシング枠が数多く設定されているだけで既に借入がある状態と同じ信用度になりかねません。

特に新規カードローン申込を行うと、キャッシング枠を使わないで新たなカードローン申込は不自然に映るわけです。

クレジットカードのキャッシング枠を廃止すれば影響が無くなる

クレジットカードにはショッピング枠だけでなくキャッシング枠が存在し、総量規制の影響を直接受けるキャッシング枠は個人信用情報機関へ信用情報として契約内容が記載されています。

実際には借入していなくても、キャッシング枠で設定されている利用限度枠はいつでも借入出来る状態になっているために、既に借入しているものと新規審査ではみなされるわけです。

カード会社へ電話連絡して、使わないキャッシング枠については廃止してしまうことにすれば、総量規制に引っ掛かる可能性が減ります。

未利用のクレジットカードは廃止も検討してみよう

年会費永年無料だからといって、1年間全く使わないクレジットカードがあるならば、いっそのこと廃止を検討しても良いと考えられます。

なぜクレジットカードを使っていないにも関わらず持ち続けるのか、明確な理由がない限りはクレジットカード解約も視野に入れると良いです。

クレジットカードは、カード会社にとっても未利用のままでは維持管理費のみが嵩んでしまい、いざ使おうとした時に一時停止状態にされていても不思議ではありません。

カード会社としては、普段未利用のクレジットカードが急に多額の決済を行うことを常に警戒しています。

まとめ

クレジットカードを持ちすぎると、中には1年間全く使わないクレジットカードが発生してしまいます。

単に未利用なだけでなく、使っていないからといって紛失にも気づかないリスクがあり、キャッシング枠が設定されていれば総量規制の影響すら受けてしまいかねません。

そこで、年会費永年無料だからといって、1年間全く利用が無いクレジットカードは、廃止も視野に検討を重ねる必要があります。