クレジットカードを複数枚持つなら国際決済ブランドを分散させよう

クレジットカードの発行枚数は、カード文化が欧米ほど発達していない日本でも既に総人口よりも遥かに多い枚数が発行されています。

このため、クレジットカード保有者は、複数枚のクレジットカードを常に保有していることになるわけです。

しかし、同じクレジットカードを持っていてもリスク分散にはならないことを知っておく必要があります。

カード会社と国際決済ブランドの違いを理解しよう

保有しているクレジットカード名を聞かれた時に、クレジットカードに理解がある人はカード会社名とカードブランド名を答えますが、よく理解していない人は国際決済ブランドを答えてしまいがちです。

クレジットカード裏面の下に記載されている会社名が、クレジットカードの所有権を持つカード会社名となっています。

オンライン決済端末が普及しているために、利便性が高い国際決済ブランドを使ったシステムを使うことで、低コストにてクレジットカード決済が可能です。

クレジットカードを複数枚持つならリスクも分散させる

日本国内では現金決済がまだ主流ですから、クレジットカードを複数枚持ち決済方法を分散させるリスク回避について知らない人が多いです。

海外旅行を行った時に、クレジットカードが通信エラーで使えなかった経験をする可能性は誰にでも起こり得ます。

クレジットカードを複数枚持つなら、国際決済ブランドを分けて作ると良いでしょう。

なぜなら、クレジットカード決済端末は国際決済ブランドごとに通信網が構築されているので、VISAとMASTERどちらかは生きているケースが多いからです。

メインカードとサブカードの2枚で通常は事足りる

クレジットカードを複数枚保有している人の中には、普段使っているクレジットカードは1枚という人が少なくありません。

2枚目となるサブカードについては、年会費永年無料だからという理由で持ち続けている人が多いわけです。

しかし、サブカードについてはメインカードが使えなくなった時のために、いつでも利用できるよう時々決済出来ることを確認しておく必要があります。

なぜなら、あまりにも利用していないとクレジットカード利用が一時的にカード会社により停止されている可能性があるからです。

カード会社へ電話連絡すればすぐに使えるようになりますが、時々使っておかないといざという時に焦るので、2枚のクレジットカードを常に使える状態にしておくことが理想です。

まとめ

クレジットカードには、発行会社と国際決済ブランドの違いがあるので、国際決済ブランドを分散させて複数枚のクレジットカードを保有することが望ましいです。

カード会社ごとに特典が異なるので、メインとなるクレジットカードの他に特定用途で使いやすいサブカードを常に利用可能な状態にしておくと良いでしょう。