クレジットカードは異なる決済ブランドを1枚ずつ保有すると安心出来ます

クレジットカードを使い始めて間もない人ほど、カード会社と国際決済ブランドの違いが分かっていません。

このため、どこのクレジットカードを使っているかと効かれた時に、国際決済ブランド名を答えてしまう人が多いわけです。

海外旅行をする時のために、クレジットカードはよく考えて作ると良いでしょう。

なぜなら、日本国内とは異なり、カード決済端末に通信エラーが起きることがあるからです。

カード会社名はクレジットカードの裏面に書いてある

クレジットカード文化がまだ浸透していない日本では、現金主義の人が多く残っています。

地震大国の日本では、お金といえば現金がまだ主流ですが、クレジットカードを使うことでスマートな決済に慣れておくと海外旅行時に慌てずに済むでしょう。

クレジットカードを発行している会社は、カード裏面の下の方に記載されていてカード会社名を聞かれた時には発行会社名を答えれば間違いないです。

クレジットカード表面にあるマークは、決済システムのブランド名を指しているので、間違えないようにしましょう。

海外旅行するならVISAとMASTERを各1枚ずつ保有しよう

日本国内ではクレジットカード決済システムが通信エラーになることは、大規模停電でも起きない限りはほとんどありませんが、海外では今でも通信エラーが時々発生します。

このため、海外旅行中にはVISAとMASTERのクレジットカードを1枚ずつ保有しておけば、どちらか一方は使えるはずですから特に困ることはありません。

両方共に通信エラーで使えない時には、初めてインプリントと呼ばれるクレジットカードの表面にある凹凸を使った決済を行います。

インプリント時にはカード会社へ売上票が届くのが遅れるので、支払額に注意しなければなりません。

余裕があればAMEXとDinersにチャレンジ

海外へ出向く際に持っていると良いクレジットカードとして、AmericanExpressとDiners Cardがあります。

アメリカやヨーロッパ諸国で使用する際には、宿泊先でクレジットカード提示を求められることが一般的です。

その際にステータスカードとして認められているからこそ、対応に違いが出ることが珍しくありません。

日本国内でよく見掛けるJCBカードは、カード決済手数料が高いために海外では利用できない地域が多いので、日本国内専用と割り切って使うと良いです。

まとめ

クレジットカードは、発行会社名と国際決済ブランドの違いを理解することから始めると良いです。

日本国内では通信エラーに悩まされることはほとんどありませんが、海外では時々クレジットカード決済端末が通信エラーでダウンすることがあるので、異なる国際決済ブランドのクレジットカードを用意しておけばスマートな会計が可能です。

クレジットカードには、日本国内向けと海外でステータスカードとなるものに違いがあるので、海外旅行時には必要なクレジットカードのみ持参すると良いです。

※ショッピング枠を現金にする、クレジットカード現金化情報

サイトマップ